「カタチ」は筆の流れを意識して書く


文字のそれそれのパーツを組み合わせて、
一つの字を書いたときに大切なのは、
全体のバランスがよく取れている、カタチの良さです。

漢字としてのカタチをキレイに魅せるためには
筆順を常に意識して、次はどこにペンを向けるのかと
その文字の流れを常に頭に入れて書きましょう。

カタチの整え方

そうすることで、自然な角度、自然な流れが生まれて、
矛盾のない文字が書けるようになります。

また、口と言う形は台形気味に、氷などの中心の線は長めに
「のぎへん」や「しめすへん」などの、
文字の左側をつくる「へん」は
重心を右寄りに持ってくるとバランスが良くなります。

実用ボールペン字講座の資料請求 速習筆ペン講座の資料請求

関連記事一覧


 
Copyright © 2006 ボールペンや筆ペンで綺麗な字を書こう講座. All rights reserved