深呼吸して「筆運びの練習」

解りきっていることでごめんなさい…!

深呼吸

まずはリラックス。
練習なんてしていられない時も、もちろんあるのですが、
筆ペンは、まず練習をしてから書く方が間違いがありません。

のし袋など書くときは、特にまずは練習です。

緊張すると、当たり前に書けるハズの名前を
間違うことだってよくありますからね。
最悪の場合もう1枚新しいのを買いに走らなくちゃ…(^^;

いきなり漢字を書くのではなくて、そう、まず線の練習から。
縦線、縦線、螺旋をぐりぐりとをひいてみます。
使い慣れている筆ペンなら良いのですが、
かすれやにじみ、筆圧のかかり具合など書き味を確認してください。

ちょっと慣れてきたら、
名前を1文字づつ書き順と筆の流れを確認しましょう。

こうやって少しの時間慣らすだけでも
「あ、ここ、こうしたほうがいいかも」というのが見つかって、
ちょっとリラックスもできてきます。

実用ボールペン字講座の資料請求 速習筆ペン講座の資料請求

関連記事一覧


 
Copyright © 2006 ボールペンや筆ペンで綺麗な字を書こう講座. All rights reserved